究極の投資ツール バナー130129

FXスワップ派・長期投資派のバイブル 書籍&DVD 絶賛発売中!
『 FXで究極の海外投資 ~為替変動に左右されない金利貯蓄型運用~
『 DVD FXスワップのポートフォリオ運用戦略 理論編 [上巻] 』
『 DVD FXスワップのポートフォリオ運用戦略 実践編 [下巻] 』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <<■□■ まぼろしの講演がDVDで発売中 ■□■>> expo_2013_4000.jpg
300人以上の方が参加して頂いた講演で公開した特殊トレード法
伝説のセミナーがパンローリングよりDVDになって発売されています。
『 3通貨合成チャートで行う安定トレード 知られざるFXスイング戦略 』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ブログ記事のカテゴリー ■
公開ポートフォリオ運用
ポートフォリオ作成法-2ペア編
ポートフォリオ作成法-3ペア以上編
トレード派への手法研究
みなさまへのお知らせ
投資のエッセイ
吹き出し

2013年より、「スワップ派+トレード派」の複合戦略を行っております。
運用資産の推移については準備が出来次第、掲載予定です。

具体的な手法の話は、 がちんこFX
「進化したスワップ派」として取材記事が掲載されています

■ 過去に公開していたポートフォリオの運用成績 ■ 
※運用コンセプト:年利10%程度を狙った安定運用
< 運用期間 2008年7月02日から2013年03月26日 > 
グラフは単利で100万円当りの成績(実際の運用金額は非公開)
20130326_運用成績
・最終年率換算利回2(保有日に対して):14.73%
・最終年率換算利回1(全期間に対して):12.52%
※運用についての具体的な詳細は『FXで究極の海外投資』を参照ください。

■大手運用機関で活躍する クオンツ北山広京 による姉妹ブログ
トレード派のためのFXポートフォリオ  も好評連載中!(ただいま休載中?)


ライブスター証券
スワップ金利の業界最高水準を誇るFX取引業者ライブスター証券さんとタイアップ中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
今は終値で1豪ドル=75.64円です。

前回の記事では5/30日時点でのデータで、
76.85円からどのような価格に分布するかを示しました。

現在2日が経過していますので、
改めて、この値段がどの位の推定値なのかをみてみました。


20120601.jpg


シートで2日後の確率を求めた結果、
10%の確率が近いようです。1豪ドル=75.60円

今現在の豪ドル円の推移レベルは、
200日中、20日は発生するというレベルのようです。

さて、相変わらずトレンドは下に向かっているようですね。
そして変動リスク自体は、10日に1日程度。


急激にドスン・・・という感じでもなさそうです。

ここから先は、各自のトレンドをどう読むかにかかります。

書籍にも何度も書いてることですが、
将来のレートが上がるか下がるかは分りません。

しかし、上がった場合下がった場合に、どの程度の分布状況になるかは、
いま時点の標準偏差をつかって求めることは出来ます。

これは非常に便利です。

なぜなら、利確ラインと、損切りラインを
明確なロジックで決めることが出来るからです。

よく、●●%下がったらロスカットと適当にきめるケースがありますが、
これはかなりいい加減な結果を生むでしょう。

なぜなら、あまり客観的な根拠があるとはいえないからです。

しかし、標準偏差を用いて正規分布から将来レートを推定すれば、
●●日後に●●円のレート変動確率から●●%でエグジットと
統計的なルールを導入できるます。

100%ではありませんが、かなり確率的に有利なルール作成が行えます。



------
記事が気にって頂けたらクリックをお願いします。
.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.



スポンサーサイト
06/02|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
さて、先週末あたりから、指数加重標準偏差に微妙な変化が起きてきたので、
豪ドル円を1つのネタに、今週はマーケットの動きに何らかの転換があると予測。
それが上がるか下がるかは分らないけど、
どっちにしろ値動きが激しくなるのではないかと思いました。

豪ドル円以外の高スワップ通貨ペアもほぼ同じような状態だったのですが、
現時点では、一旦上に持ち上がりながら、夕べは下に向かってズドンと
落ちたようです。

このような状況では、スワップ投資自体はそれはそれとして、
少ない資金で、短期売買トレードなどには適していたりします。

そこで、ただ値動きが荒れる・・・ではあまり参考にならないと思うのと、
トレードという言葉だけでは面白くないので、
せっかくですので、私がよくやる方法を一部をご紹介します。

------

リスク分析ツールは拙著購入者特典として無料ダウンロードできます。
.
FXで究極の海外投資
為替変動に左右されない金利貯蓄型運用


 FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

結喜たろう, 北山広京
パンローリング
A5判 336頁 2012年1月発売
2,100円 (税込)
.
なお、業界最高水準のスワップを誇る
ライブスター証券の口座開設と初回取引で本一冊プレゼントです。
.
ライブスター証券
.
------

今現在の状況から、向こう1カ月間の価格推定を行っていました。

使用するものは正規分布です。

日付は5/30までのデータ
指数加重標準偏差の計算期間は130日

※クリックで拡大
20120531_2.jpg

現在のレートを1豪ドル76.85円としてそこからの将来のレート分布を求めました。

※クリックで拡大
20120531_33.jpg

さてさて、この確率シートを元にして、どのようにベット、コールしますか?
という感じですね(笑

短期売買については、また別の機会に書くか、書籍として発表したいと考えています。

------
記事が気にって頂けたらクリックをお願いします。
.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.

05/31|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日、豪ドル円をネタにして、
マーケットに何らかの変化の兆しがあるという記事を書きましたが、
案の定、本日の週頭、初っ端から、豪ドル円が窓を開けて寄り付きました。

指数加重標準偏差の面白さが、少しお分かりいただけたかと思います。

指数加重標準偏差については、拙著の206ページに書いていますので、
参考にしてください。

------

リスク分析ツールは拙著購入者特典として無料ダウンロードできます。
.
FXで究極の海外投資
為替変動に左右されない金利貯蓄型運用


 FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

結喜たろう, 北山広京
パンローリング
A5判 336頁 2012年1月発売
2,100円 (税込)
.
なお、業界最高水準のスワップを誇る
ライブスター証券の口座開設と初回取引で本一冊プレゼントです。
.
ライブスター証券
.
------

豪ドル以外の通貨も、みな同じような兆候がありました。

例えばトルコリラ円なども露骨に、Riskがビョンと跳ねてます。

20120528.jpg

ということで、今週はちょっと動きが激しくなるかも知れませんね。

転換して上昇トレンドに転ずるか、それとも、一旦持ち上げて下に叩きつけられるか。
それはまだ分りません。

ちなみに、このような兆候があったときは、ニュースをチェックしてみましょう。
きっと、なにかあったのだと思います・・・

ということで、探してみたら、やはりありました。

------------

 5月28日(ブルームバーグ):ロンドン時間28日午前の外国為替市場では、ドルが軟調となっている。ギリシャの世論調査で支援受け入れを支持する政党の優勢が示され、ギリシャがユーロ離脱に追い込まれるとの懸念が和らいだ。

ユーロは2010年7月以来の安値から強含みとなった。

------------

------
記事が気にって頂けたらクリックをお願いします。
.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.

05/28|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
最近、金融ニュースが面白くてよく見ています。
もともとあまりニュースは参考にしないタイプなのですが、今現在、
市場の標準偏差自体はそれほど大きくなく、高金利通貨系がダラダラ下げている状態で、
なおかつ、リスク回避の通貨ペアが利益だしてるというダラダラ状態なので、
ポートフォリオ遺産を眺めてても、あまり変化の無い状態ということもあり、
そういうときは、金融ニュースでも見て、少し今後の見通しでも考えてみようかなと思います。

そんな中で本日、地区銀連の総裁が、ギリシア離脱でも適切な対応によって、
欧米経済にそんなに被害なし・・・とのコメントを出していました。

へぇ~ホントですかね?

と思いながら、その適切な方法というのは、どんな方法ですか?と思わず
突っ込みながらも、ちょっと考えてみようと思いました。

・・・色々思いつくのですが、変なこと書く恐れもあるので、ブログ記事としては没です。

さて、このブラード総裁の話、結構おもしろいなと思ったのは、
まず、基本的にこうだろう・・・とういう趣旨を述べて、その上で、
もし、悪い事態が起きたら、こう対応しよう・・・と良い悪い両方の意見を述べてることですね。

結局、このレベルの人でも未来は分らないので、
最悪のケースを想定しつつ、悲観はしないでおこう・・・という感じなのでしょうか。

------

リスク分析ツールは拙著購入者特典として無料ダウンロードできます。
.
FXで究極の海外投資
為替変動に左右されない金利貯蓄型運用


 FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

結喜たろう, 北山広京
パンローリング
A5判 336頁 2012年1月発売
2,100円 (税込)
.
なお、業界最高水準のスワップを誇る
ライブスター証券の口座開設と初回取引で本一冊プレゼントです。
.
ライブスター証券
.
------

以下、ロイターより抜粋。

[セントルイス 23日 ロイター] 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日、ギリシャのユーロ圏離脱プロセスが適切に処理されれば、ギリシャは欧米経済に深刻な打撃を与えずに離脱できる、との認識を示した。ロイターとのインタビューで語った。
同総裁は「私はギリシャが(ユーロ圏を)離脱できると思っている。欧州や米国に大きな打撃を与えずに適切な方法で対処することが可能だ」と述べた。

また、欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏の銀行システムを支える決意を示しており、米経済に対するリスクは一部のアナリストが考えるよりも小さいと指摘。

米経済については、大方の見方よりも好調に推移しているとして、連邦準備理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)が現在示唆している2014年終盤ではなく、2013年終盤に金利を引き上げる必要が生じるだろう、との見方を示した。

一方、米経済が悪化するなど必要が生じた場合にはFRBが追加策を講じる余地があると指摘、「米国経済が急激にスローダウンすれば、さらなる行動余地があると考えている。われわれはさらにリスクを取ることになるが、必要な状況になれば行動することができる」と語った。

------
記事が気にって頂けたらクリックをお願いします。
.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.
05/25|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
ポートフォリオがダラダラと行ったり来たりで、
延々横ばい状態が続いているようで、パッとしませんので、
(ドローダウンが続いてるよりはマシですが)
少し状況を把握してみましょう。

欧州の問題が、結局、膠着してるようです。
以下ロイターによれば、ユーロは21カ月ぶりの安値をつけたそうです。
21カ月前というと・・・ギリシアの件で騒ぎ出してた頃で、
欧州の失業率が10%とか、そんなニュースが出てたときですね。

ギリシアがEU脱退するとかで、夕べは結構荒れてましたね。
数ヶ月ぐらい前までは、ギリシア問題収束してきたかな・・と思ってましたが、
まだまだくすぶり続けているようです。
根っこが深いから、そう単純には解決の見通しが付かないのかもしれません。

一昨日ぐらいまでは、私も、米ドル建てのものは、
一旦切り返してくるかな?などと思ってましたが、
結局、さらに戻りが売られて下に向かってるようです。

どっちにしろ、今は、リスク回避として組入れてるマイナススワップの面々が
ポートフォリオを支えてる状態なのですが、単一通貨ペアなどで
運用してると、気が休まらないでしょうね・・・・

以下、ロイターからメモです。

[ロンドン 23日 ロイター] 23日の欧州外為市場で、ユーロが対ドルで21か月ぶりの安値を付けた。欧州連合(EU)非公式首脳会議を前に、欧州債務危機への対策について投資家の間に疑念が広がった。
今回の首脳会議では成長促進策が論議されるとみられているが、ドイツはユーロ共同債に強く反対しており、投資家が好感する対策で合意に至るとはみられていない。

ユーロは対米ドルで1ユーロ=1.2615ドルまで下落、1月に付けた年初来安値の1.2624ドルを割り込み、2010年8月以来の安値となっている。


------
記事が気にって頂けたらクリックをお願いします。
.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.

05/23|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(1)TOP↑
ここ最近の値動きと傾向を10年間というスパンで分析してみます。

最初のグラフは、
基軸通貨である米ドルを基準として、
先進各国の通貨の高安を一覧グラフ化したものです。

簡単に言えば、各通貨を100米ドル分、買って10年ほったらかしてたら
どうなったかを見ています。

20120518_11.jpg

基本的にどの通貨もドル安に向かっているのが分りますが、
英国だけはリーマンショック以降、横ばいが続いています。
それ以外は、ここ数年は結構激しく動いています。

次は、減衰期間を1000日(4年)で計算した指数加重標準偏差です。

20120518_22.jpg

ここのところボラティリティは落ち着いてるかな?
と思いきや、やはりリーマンショック以前と以降では、
世界は随分変化してるのがわかります。

特に豪ドルは突出して高くなっていますね。
スイスフランが去年の乱高下に対して一時的に上昇したものよりも
更に豪ドルは高い状態です。

結局、リスク管理は油断してはならない・・・ということになります。

リーマンショック以前のように、高い金利通貨を適当に買って、

絶対に損切りしちゃいけないんだ!長期保有だ!

・・・的な発想では、正直ここ数年はしんどいのではないかと思います。

かくいう私もロスカットやポジション調整は結構、細かくやってます。
さすがに全ロスカットは3回ですが、それでもレバレッジ3倍を超えた運用を行う場合、
許容リスクの範囲内にポジションを調整することは、必要になってくるでしょう。

今回、豪ドルは結構は利下げを行いましたので、その影響から下げトレンドが
発生していますが、リスクを減らす通貨ペアを適切に組み合わせることで、
それほど酷いドローダウンは食らっていないと思います。

場合によっては、組入れ比率の調整などもよいかも知れません。

ただ、こういう対応も結局、最初の戦略次第ですね。
ご自身の投資哲学として、どの程度のリスク許容を設定したのか?で
全然、気持ちが違いますからね。

知り合いの1人は、6%程度のドローダウンということで、ほっておきますよ。
と余裕見せてる状態なので、このくらいの運用を心がける方がいいのかなと思います。

------
記事が気にって頂けたらクリックをお願いします。
.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.

05/18|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ここ最近はずっとリスク分析ツールを使った
ポートフォリオ作成の話ばかりだったので、
久しぶりに違う話をしてみます。

画像が多く、夜の混雑時はやたらブログが重くて読めないとも言われたので、
頑張って記事かいたわりにはアクセスが減るのでは残念ですので、
すこし軽めの記事をかいてみます。

そういえば、どういうところから日々の情報を取ればよいですか?

という質問も受けたことがあります。

私の場合は、あまり詳細にあちこちのニュースを見るというよりも、
2~3のサイトを連続してみてる状態です。

ブルームバーグ

ロイター

この2つをメインにして、あとは

日経新聞

とかですね。
無料版の日経トップであれば、相当おおきな事件から出てくるので

いきなり、何を見たらよいのかサッパリわからない
という状況になりがちな場合、わたくし流の読み方は

大衆向け→専門向け

という流れでニュースは追っています。

昔は有料情報とかも読んでいたのですが、なんかいい加減なアナリスト記事ばかりで
最近はすべて無料版で済ませてる状態ですね・・・


口座開設と初回取引、わたくしの本もらえます。
.
ライブスター証券
.

.
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

各取引業者のスワップ金利高低比較は下バナーサイトから確認できます。
※右カラム中断の[FX会社徹底比較]から「2.スワップ金利」をクリック
為替レートは
.
04/20|05.マーケットの備忘録コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ブログ著者の最新刊
 FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用
■『FXで究極の海外投資』■
 (パンローリング出版)
結喜たろう著 / 北山広京監修 
※表紙をクリックで詳細情報へ
ブログランキング
ブログ著者の最新DVD
 3通貨合成チャートで行う安定トレード 知られざるFXスイング戦略
■3通貨合成チャートで行う安定トレード 知られざるFXスイング戦略■
 (パンローリング出版)
結喜たろう講師

 FXスワップのポートフォリオ運用戦略 理論編 [上巻]
■FXスワップのポートフォリオ
運用戦略 理論編 [上巻]■
 (パンローリング出版)
結喜たろう講師 / 北山広京監修 
 FXスワップのポートフォリオ運用戦略 実践編 [下巻]
■FXスワップのポートフォリオ
運用戦略 実践編 [下巻]■
 (パンローリング出版)
結喜たろう講師 / 北山広京監修 
※表紙をクリックで詳細情報へ
プロフィール

TarouYuuki

Author:TarouYuuki
2003年より不動産投資、日経225先物トレード、FXスワップ運用などを実践中。大手運用会社の現役クオンツである北山広京氏のアドバイスの元、投資に関する様々な情報や、自己資産の運用の様子などを中心に書いています。
(株)山幸投資事業部責任者
保有資格:一級建築士

スワップ金利確認できます
下記バナーサイトから業者スワップの確認と比較ができます。
TOP右カラムの中段から「FX会社徹底比較」→「スワップ金利」

スワップ金利なら
最新記事
掲載された雑誌など
Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg
カテゴリ
特別リンク集
yamakou_investment_banner.jpg 山幸投資事業部の公式サイト
スワップ派、トレード派を問わず、クオンツ北山広京が作成した最高峰のトレードツールをご用意しています。

PanRolling.jpg PanRolling社のブログ集「投資の仲間たち」でも結喜たろうの「究極のFXポートフォリオ運用」の連載を行っています。

SP_Blog.jpg
北山広京が2007-2009年まで連載し総アクセス数15万人にものぼった伝説のブログ。本ブログの前身であるスワップ派のためのFXポートフォリオPart1です。

Study.jpg
上記ブログ記事をまとめた学習用サイトです。『FXで究極の海外投資』はこの記事をベースにまとめています。書籍版よりも若干レベルは高いです。
スワップ最高水準の業者
■ライブスター証券■
ライブスター証券
スワップは業界最高水準!
金利貯蓄型のスワップ運用に
最適の口座です!
当ブログとのタイアップ企画
口座開設で書籍プレゼント!
スワップのバランスは良い
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
外為オンライン
外国為替証拠金取引ならFXブロードネットへ
FXブロードネット
DMM FXは初心者向け
DMM FX

上記3つの業者はスワップ金利のプラスとマイナスのバランスが程良いので1つの口座のみで運用する場合に適しています。
用途ごとに適した業者
■マイナススワップ専用■ FX取引ならヒロセ通商へ
低スワップだからこその有効な使い道があります。
リスクヘッジのための「売り」専用口座として最適です。
低スワップなので損失を最大限に防ぐことができます。

■トルコリラ扱い専用■ FXCM MT4
トルコリラを扱う業者では最高水準のスワップ。

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

登録ランキング集
政策金利一覧
FXの比較なら選べるFX
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
375位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
現在迄の閲覧頁数:

現在迄の訪問者数:

今現在の閲覧者数:
オススメ書籍






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。